世界で使われる日本の高級食材

必須アミノ酸は疲れに効果的

すっぽんには必須アミノ酸といって外の生物を食べて補うしかなく、また1種類でも欠けると重大な栄養障害を起こす重要なアミノ酸9種類の全てが含まれています。
これらは人間が体内で作ることができないことからも「必須」アミノ酸とされているのです。

「トリファトロン」は睡眠には良い影響を与えるというアミノ酸で、鎮痛効果があるという結果が出ています。
不足すると精神的に不安になりやすくなったり、うつ病になったりする傾向があります。

「リジン」はタンパク質の吸収を促したり、ブドウ糖の代謝促進や体組織、カルシウム吸収促進などといった身体を成長させるのに重要な役割を担っています。

「メチオニン」はタンパク質を合成する硫黄を含んだ含硫アミノ酸です。
肝臓内に入ってきた毒素や老廃物を排除して代謝を促進させて、血中コレステロール値をコントロールする働きもあります。

「フェニルアラニン」は脳と神経細胞間の信号を伝達する役割を持つ神経伝達物質として働きます。
精神を高揚させて活力を生み出す作用と、血圧を上昇させる作用があります。

「スレオニン」は成長と新陳代謝を促し、肝臓に脂肪が蓄積するのを防ぎ脂肪肝を予防します。
不足すると成長阻害や食欲不振、体重の減少や貧血といった症状になることがあります。

「バリン」は筋肉の強化に効果的なアミノ酸で、体の成長を促進する働きや血液の窒素バランスを調整する効果、さらにはアンモニアの代謝を改善する効果などがあります。

「イソロイシン」は筋肉の強化や肝機能の向上効果の他に、血管の拡張や身体の成長を促進する働きがあります。

「ロイシン」は筋肉の形成を促進して筋肉の損失を防ぐ効果の他に、肝臓の機能を強化させる効果があるとされています。
不足すると肝機能が低下しグリコーゲンの合成が滞ります。

「ヒスチジン」は発育に不可欠なアミノ酸で、大人になると体内で合成できますが、子供は体内で合成できないため、必須アミノ酸扱いになりました。
これらの人間が作れない必須アミノ酸を含んだすっぽんのサプリメントを摂取することで、健康な毎日を送りましょう。